2nd book

A5サイズ 96ページ(絵と詩)2016年発刊

道に迷って、途方にくれる日もあるよね。

もう立ち上がれないって思う日も。

でもさ、ここまで歩いて来れたってことは偶然じゃなくて

これから先も明日に向かって歩んでいける力が

ちゃんと君の中に宿されてるっていう証なんだ。

(「星まち停留所」より)

初の詩画集を発刊した後

私は東京・浅草橋で、人生で初めての個展を開催することになりました。

2016年は、それまで知らなかった世界に勇気を出して飛び込んだ一年でした。

そんな当時の私が、次に着手したのがこの作品です。

今から振り返ると、新しい世界に入っていくその前に

昔の自分の心に「おいていかないよ」って、声をかけたかったのかなーと思います。

夢に向かって一歩前に踏み出すことが、なかなかできずにいた昔の自分の心。

過去にとらわれて痛んでいた、昔の自分の心。

そこに寄り添って、心の古傷を癒すために作った一冊かもしれません。

作品の中の絵は「星待ち停留所」を舞台にした

「自分をもう一度、信じること」をテーマにした

一つのストーリーのもとに描かれています。

(このストーリーは、個展に来てくださった方にだけ

お話している物語なので、気になった方は個展会場にて声をかけてくださいね。)

自分を信じる心を取り戻したい時、きっと力になってくれる作品だと思います。

error: Content is protected !!